RT:モンサント・グリホサートの医学的な意味


お断り:以下の字幕は全体の1/4程度になっています。画像をクリックして動画全体を見ることができます。

今晩はグリホサートの報道を続けます。
除草剤ラウンドアップの危険の可能性です。
我々は、さらなる医学的関係を調査しました。
RTのサラ・モンテス・デオカが報告します。
今月始めの、カリフォルニアの評決によって、モンサントは,
2億8900万ドルの支払いを命じられました、ドゥウェイン・ジョンソン氏にです。
彼は、非ホジキンリンパ腫になりました、除草剤を使用した後に。
アルゼンチンのロザリオ国立大学の研究によれば、
ラウンドアップは数種類のガンにつながりがあるとのことです。
これには、乳がん、前立腺がん、肺がんが含まれます。
そして、以前の研究で発見されたことは、
出産前の二年間にラウンドアップに曝露すると、
赤ん坊が、脳腫瘍を持って生まれる確率が非常に高くなることです。
今や、グリホサート禁止の世界的な波が起きています。
2010年にラテンアメリカ中の医師達が組織を作りました。
燻蒸(くんじょう)される町の医師達が、除草剤に声を上げたのです。
今年のそのドキュメンタリーが公開されました。
そのハイライトは、
[00:01:00]------------------------------
これらの農業毒物による社会的、環境的心配です。
アルゼンチンで行われた国際カンファレンスでは、
ドクター・マデロ・アビラ・バスケス、小児科医であり、環境的健康を専門としますが、
彼の心配を説明しました。
「我々は、極めて健康的な集団ではなくなり、高いガン罹患率になった。」
「以前にはわずかだった出産障害や病気である。」
「我々が長年に渡り訴えてきたことが、確認されたのだ」
「特に、工業的農業によって燻蒸される町について医師達が言ってきたことが。」
「ガン罹患率は、かつてないほど高くなった、農薬を大量に使用する地域では」
過去数年では、アルゼンチンの400以上の市や町で、
グリホサートを禁止にしました。
最近の研究で科学者の発見したことは、
除草剤を未だに使うアルゼンチンの地域では、
国の平均の二倍の流産や出産障害が見られるとのことです。
ラテンアメリカの他としては、フランスに前立腺ガンの農民がいますが、
ラウンドアップが原因かもしれないとのことですが、
モンサントに対する法的な行動を起こしました。