ガーダシルの危険性、CNNによるレポート 2008/8/11


お断り:以下の字幕は全体の1/4程度になっています。画像をクリックして動画全体を見ることができます。

(これは2008年の報道です)
多くの十代女性に提供されているワクチンに大きな心配が持ち上がりました。
ガンから命を救うかもしれませんが、
親たちが言うには、その副作用と引き換えにする価値が無いと。
CNNの特別調査ユニット特派員のアビー・ブードロウです。
これについて報告します。おはよう、アビー。
あはよう、ジョン。
あまりに多くの人があまりに混乱しています、広く提供されているHPVワクチンについてです。
ガーダシルという名前です。
CDC(疾病予防管理センター)がいうには、これが子宮頸ガンのうちのあるタイプを予防するというのです。
しかし、ガーダシルがマーケットに投入されて二年半ですが、
憂慮すべき数の有害作用が報告されており、死亡例さえもあります。
ワクチンに関連しているという人もいます。
ワクチンが自分を病気にしたと主張する女性が増えているのです。
より混乱とミステリーがあります、ガーダシルと製造者であるメルク社をめぐっては。
トゥクリア・ウイリアムは、もはや子供のようには振る舞えません。
あまりに疲労しているからです。