Joe Masepoes:犯罪者によって米国はほとんど破壊されている


お断り:以下の字幕は全体の1/4程度になっています。画像をクリックして動画全体を見ることができます。

この話をさせてくれ。アメリカが犯罪者によって、ほぼ破壊されていることだ。
誰でもこれがわかればショックを受けるだろう。
しかし、どんなスリラーでもそうだが、ハッピーエンドが待っている。
この話は完全にリサーチされたもので、
いかなる政治党派や宗教、イデオロギーとも無関係だし、
必要も無い。
2016/5/4のことだ。
テレビでなじみの億万長者ドナルド・J・トランプは、
予想に反して、共和党大統領候補者としての非公式指名を受けた。
そのニュースに喜んだのは、トランプ自身よりも、
他でもない、民主党全国委員会と、その候補者ヒラリー・ロドハム・クリントンだった。
連中のいわゆる、「ハーメルンの笛吹き」はうまくいったのだ。
クリントンは、2015/4/12に大統領候補となることをアナウンスした。
そして、民主党の指名確実候補者となった、2016/6/7のことだ。
[00:01:00]------------------------------
彼女のアナウンスの時から、
クリントンとそのチームは二つの目標を掲げた。
一つはバーニー・サンダースを破壊すること。
二つ目に、共和党内の強力な対抗馬を弱体化させ、弱い者を強化することだ。
民主党、クリントン、それにメディアの代弁者達は、
協調して両方の達成に尽力した。
うまくいった。
サンダースの選対は破壊され、
共和党はトランプを候補者にしたのだ。
2016/5/4、
ヒラリー・クリントンは、非常に喜んだはずだ。
そして、クリントン対トランプのキャンペーンが始まった。
この時点では、クリントンは完全に確信していた。
自分が第45代大統領になるものと。
負けることは無いだろうと。
ドナルド・トランプは馬鹿にされ、愚かな道化師として片付けられた、何の希望も無いとして。
しかし、たった二週間後の2016/5/22、
何かが変わったのだ。
これは、選挙運動中初のことだった、
[00:02:00]------------------------------
トランプが世論調査でクリントンに勝ったのだ。
43.4% 対 43.2%だ。
わずかな差だ。
しかし、クリントン選対と民主党には、大きな心配をもたらした。
大きな心配だったのだ、
なぜなら、彼らの、「ハーメルンの笛吹き」が砕け散るかもしれないからだ。
彼らがわざと推進してきたアウトサイダー、
冗談候補者のドナルド・J・トランプが、
リードをとったのだ。
空気の変化にも関わらず、
クリントンとそのチームは疑うことがなかった、トランプに対する勝利を。
敵対者との論戦の段になると、